添付ファイルを送る際によく利用される
「PPAP方式」が禁止される理由とは?
「PPAP」から脱却!
安全なファイル送受信を実現するには? [ご説明資料]



「PPAP」から脱却し安全なファイル送受信を実現する方法とは?

見積書や契約書、個人情報が含まれる書類など、ビジネスシーンで扱われるこうした重要ファイルのメールでのやり取りにおいて、パスワード付きZIPファイルをめひるに添付し、後からメールでパスワードを送る、いわゆる「PPAP方式」が慣習となっています。昨今、この方法の問題点が広く認識されるようになりました。
ではこの「PPAP方式」の何が問題なのでしょうか? その代わりにどんな方法を使えばいいのでしょうか?
この資料では、これらの疑問点に対して、とある企業での「座談会」形式でわかりやすくご説明します。

【掲載内容】

・PPAPの問題点とは?
・PPAPの代替ツール
・PPAP問題の解決方法 等


以下のフォームにお客様情報をご入力のうえお申し込みください。ご入力いただいたメールアドレス宛てにダウンロード用のURLを送付いたします。

お問い合わせ先

富士通Japan お客様総合センター

0120-835-554

ご利用時間:9時~12時、13時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)