ものづくり全体の​ デジタライゼーションを​​ 実現する技術情報基盤とは​​

hero-visual
こんな方におすすめ
・設計部品表をExcelで管理されている方
・開発・設計部門における技術情報基盤システムを検討されている方
・設計情報と生産管理を連携させて、原価の見える化を行い、原価抑制をしたいと思われている方
  • 原材料費が高騰する昨今、いかに原価を抑制できるが中堅製造業において重要なテーマになっています。そして、注目されているのが、開発設計段階における「原価企画」であり、生産管理システムとの連携による「原価の見える化」です。さらに、納期遅延が発生することによるコスト増を抑制する為に「リードタイム短縮」「設計変更への迅速な対応」も求められています。これらの改革を担う技術情報基盤がどの様なものかご紹介致します。

ダイジェスト動画をご用意しましたので、ぜひご視聴ください。

全編フルバージョンの動画をご覧になりたい方は以下よりお客様情報の​​ご登録をお願いいたします。​


  • speaker-img
    樫山 総一郎富士通Japan株式会社
    ソリューションビジネス本部
    産業ソリューションビジネス統括部

  • 視聴時間 :30分
  • 視聴申込み:無料
  • 視聴方法 :申込みフォームよりお客様情報の入力・送信後、
          視聴ページのURLをメールでお送りします。




※同業他社様および個人のお客様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。 予めご了承ください。

お問い合わせ先

富士通Japan お客様総合センター

0120-835-554

ご利用時間:9時~12時、13時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)