中堅製造業における​ 業務変革を実現する​ 基幹情報の利活用術

hero-visual
こんな方におすすめ
・新たにDX推進組織を立ち上げている・推進している方
・製造コストと経営指標の見える化を検討されている方
・製造原価見える化の次の手を打ちたいと検討されている方
  • 先般、製造業のお客様はものづくり現場の「DX化」が加速されると同時に、基幹業務の変革が進められております。その様な環境下でデータ利活用の重要性がかなり増しております。本セッションでは、製造業の基幹業務の変革を支援する為のものづくりに関するデータを集約し①経営層、②バックオフィス(管理系)、③ものづくり現場の三位一体となるデータ利活用の着眼点と、その活用例をご紹介いたします。

ダイジェスト動画をご用意しましたので、ぜひご視聴ください。

全編フルバージョンの動画をご覧になりたい方は以下よりお客様情報の​​ご登録をお願いいたします。​


  • speaker-img
    圓藤 倫久富士通Japan株式会社
    ソリューションビジネス本部
    産業ソリューションビジネス統括部

  • 視聴時間 :20分
  • 視聴申込み:無料
  • 視聴方法 :申込みフォームよりお客様情報の入力・送信後、
          視聴ページのURLをメールでお送りします。




※同業他社様および個人のお客様からのお申し込みは、お断りさせていただく場合がございます。 予めご了承ください。

お問い合わせ先

富士通Japan お客様総合センター

0120-835-554

ご利用時間:9時~12時、13時~17時30分(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)